カードローン審査緩い

審査が緩いカードローンを探していたことが通らない原因でした

審査の緩いカードローンなら定期的な収入があれば簡単に審査に通ると思っていました。私は現在派遣で生活をしているのですが、たまに生活が苦しくなります。友人の結婚式や女子会など、ある程度出費がかさむことがあります。その時にあと少し余裕があったらなぁということが多々あり、キャッシングをしたいと思ってカードローンを利用することにしました。しかしカードローン会社に申し込みをしても審査に通りませんでした。審査が緩いという所にいくつか申し込んだのですが、そのどれも審査に通りませんでした。

後になって分かったのですが審査の基準として「本人の返済能力」が重視されているとのことです。カードローン会社の審査基準を知ることは出来ないのですが、インターネットなどで金融会社で働く人の話を聞く限りでは「どのくらい収入があるか」ということや「どのくらい働いているか」ということが主な審査項目のようです。

私は収入は多くありませんが派遣として働いている年月は3年ほどになります。しかし派遣ですので「職場が変わってしまう」ことや「仕事が無い」という可能性があります。そのため審査が緩いといわれているところでも審査に落ちてしまっていたのだと思います。

そこで「派遣でも」利用できるというカードローンを探しました。その際に「審査が無い」というところや「職場への在籍確認が無い」というようなところは避けるようにしました。というのも調べているうちにこれらのことは「必ずある」ということがわかってきたからです。確かに在籍確認の方法として「書類でOK」という所はありますが、なんにせよ「確認」が出来るものを必要とします。

それらは「本人の返済能力」にかかわってくるので必ずしなければならないということでした。これらのことを調べたうえで派遣でも利用できるカードローンを探して申し込みをしました。何度も審査に通らなかったため今回もだめかもしれないと思いましたがなんとか審査に通り、無事に利用することが出来るようになりました。

派遣として定期的な収入があっても、審査が緩いといわれていても「審査に通らない」という可能性はあります。ですが、利用できるところが無いというわけではありません。カードローンを利用する際に自分が利用できるのかどうかしっかり調べてから利用することが必要ですが、大切なのは「審査に通る」ということではなく「どんなふうに利用するのか」ということです。現在はピンチの時に利用することで生活に余裕が生まれました。無理をしないように利用することでカードローンは強い味方になってくれるのです。

カードローンの利用をやめたい場合、使わなくなった場合も解約を

カードローンを使わなくなった場合は解約を

銀行や消費者金融といった金融機関では、様々な金融サービスが提供されていますが、中でも便利なのが「カードローン」です。金融機関でカードローンを契約することによって、皆さんはお金を借りることができるようになります。

もちろん、カードローンを利用するためには他のキャッシングローンと同様に審査を受けなければなりませんし、カードローンの利用者それぞれに決められた借り入れ限度額内でなければ借り入れは認められません。いつでもどこでも利用できる便利な面を持っているものの、やはりある一定の条件の中で利用するべきものなので、決して便利さに甘えず自制心を持ってカードローンを使っていくよう注意しておきましょう。

また、カードローンは必要な時もあればそれほど必要ではない時もあるものです。以前はよく使っていたけれど最近は全く使っていない、という皆さんも多いのではないでしょうか?収入面やライフスタイルなどの変化から、カードローンを利用しなくなった、という利用者も少なくありません。もし皆さんがそのような状況にある場合には、思い切ってカードローンを解約してしまうことをおすすめします。

カードローンによる無駄遣いを防ぐための解約

使わないカードローンを所有していても意味を成していませんし、もし誤ってカードを紛失してしまうなどのトラブルが起きた時に悪用されてしまう恐れも考えられます。カードローンを利用している場合や現在カードローンの返済中である場合は除きますが、今後カードローンを利用する機会がないような皆さんは、契約を解除してカードローンを利用できない状態にしてみてはいかがでしょうか?

また、カードローンを使わなくなった他、カードローンの利用をやめたいと考えている皆さんにも契約の解除はおすすめです。特に複数のカードローンを所有していて、現在借り入れがないカードローンがいくつかある、といった場合には、使っていないカードローンから解約してしまいましょう。

返済中のカードローンはそのまま完済まで契約しておかなければなりませんが、利用していないカードローンは思い切って手放してしまうことで、それ以上借金を増やすこともありませんし、無駄遣いを防ぐこともできます。カードローンは借金をするために使う金融サービスですから、必要以上に複数を所有していると、思わぬ無駄遣いへと繋がってしまうこともあります。カードローンの利用に対して自制心を持てないような場合は特に注意が必要ですので、カードローン自体を使うことができないよう早めに解約してしまうことがベストです。

カードローンの使い方によるメリット・デメリット

様々なメリットのあるカードローンも、所有している利用者の状況や利用者自身の性格などによっては大きなデメリットを呼んでしまうものとなりかねません。使う必要がないところでカードローンを使ってしまう、必要以上にカードローンを使ってしまう、というような問題のある行動はいくらメリットが高いカードローンとは言え、返済時には高い利息の支払いというデメリットが返ってきてしまうのです。

カードローン自体にもメリットやデメリットがありますが、利用者の使い方によってメリットがデメリットへと変わってしまうこともあるものです。カードローンを利用するのであれば、まずは正しい方法で使うことを心がけること、そして使わなくなったり利用をやめたくなったりした場合は、速やかにカードローンを解約してしまうようしましょう。どちらも利用者である皆さんが安全にカードローンを使うために必要なことなので、よく覚えておいてくださいね。

借り入れ限度額は高い方がいい?各カードローンの最大限度をチェック

カードローンの「借り入れ限度額」

借りたい金額を借りたいだけ借りられる、というイメージが強いカードローンですが、決して無限に借りられるわけではありません。カードローンは金融機関のサービスの一つですから、少なからず限度があって成り立っているものです。そのため、借りたいだけ借りていると、後に皆さんに大きな返済負担として戻ってきてしまうので、借り入れ金額には十分な注意が必要です。

しかし、できればたくさん借りられる状況でありたい、と思う皆さんも多いですよね。そこで注目しておきたいのがカードローンの「借り入れ限度額」です。借り入れ限度額は、皆さんがカードローンを通して借りられる金額の限度のことで、金融機関側から借り入れが認められている金額となっています。

借り入れ限度額内であれば、皆さんはカードローンを利用して自由にお金を借りることができますが、限度額を超えてしまうとカードローンを利用することはできなくなってしまいます。カードローンを利用する際にはまず限度額がどの程度となっているかに注目してみましょう。

借り入れ限度額は利用者一人一人異なるもの

そしてカードローンの借り入れ限度額は、一人一人の利用者によって異なっている点も非常に特徴的です。例えば、借り入れ限度額が300万円のAさんもいれば、Bさんのように100万円である人も多く、Cさんのように80万円など100万円に満たない金額が限度とされている場合もあります。借り入れ限度額はカードローンの審査を受け、その条件の元で決められることになるため、雇用や収入などが不安定である場合などには限度額が少なめに設定されることが多く見られています。

反対に安定した職業に就いて安定した収入を得られている場合は、余裕のある限度額に設定されることが一般的です。ただし、皆さんが既に借金を抱えているような場合は、雇用や収入が安定していても限度額が少なくなったり、カードローンの利用自体を認めてもらえなかったり、といったケースもあるので、借金の有無はカードローン審査に大きく関わっているということをよく覚えておきましょう。

金融機関の最大限度額をチェックしてみて

このようにカードローンは利用者それぞれに違った借り入れ限度額が定められることになりますが、金融機関によっても最大借り入れ限度額は異なっているため、金融機関自体の限度額についてもあらかじめチェックしておくことをおすすめします。やはり、最大限度額が高いカードローンと低いカードローンとでは、利用者に認められる限度額にも差が現れるようになります。

つまり、最大限度額が800万円のカードローンと、最大限度額が500万円のカードローンとでは、利用者である皆さんが借りても良いと認められる金額には大きな違いが見られるというわけです。少しでも多く借りたい!と思っている皆さんは、まず最大借り入れ限度額が高めに設定されている金融機関を候補として選ぶようにしましょう。そこから金利設定、審査基準などカードローン利用における様々な面を比較し、自分に合ったカードローンを探してみてください。

最大限度額がそのまま皆さんの借り入れ限度額になるわけではありませんが、最大値が大きいほど皆さんが借りられる金額も多く設定されやすくなります。最大借り入れ限度額が高いカードローンの方が利用者にとってはメリットが高いので、ぜひ皆さんも限度額に注目してカードローンを選んでみてくださいね。一般的には消費者金融よりも銀行のカードローンの方が最大限度額が高い傾向があります。低金利で借りられる点もメリットが高いですから、銀行のカードローンを中心に比較してみると良いでしょう。

正しくカードローンを利用するために必要な「シミュレーション」

カードローンの正しい使い方

カードローンは誤った使い方をすると大きなトラブルに発展してしまう恐れもあります。トラブルの多くは返済時に関わることで、原因のほとんどが利用者側にあると考えられています。つまり、カードローンのトラブルを引き起こさないためには、利用者自身がそれぞれで気をつけていかなければならないのです。

そこで必要となるのが、正しくカードローンを利用するための心がけです。正しい使い方でカードローンを利用すれば、カードローン自体のメリットも高まりますし、皆さん自身も様々な面で助かるものですよね。急な出費などにも役立てることができるカードローンは、正しく使えば皆さんの良いパートナーとなってくれますので、まずはカードローンの使い方について見直してみることから始めてみてください。お金を借り過ぎないこと、返済の計画はあらかじめ立てておくこと、返済期日は必ず守ることなど、基本的な使い方から見直してみましょう。

返済の計画は必ず借り入れの前に

特に返済の計画については、借り入れの前に立てておくことが重要です。実際にカードローンでお金を借りた後から計画を立てることも可能ですが、計画というものは実際に行動を起こす前に立てておくものです。これをカードローンの利用に当てはめて考えてみると、カードローンでお金を借りる前に返済の計画を立てておくこととなりますので、カードローンの利用を決めたらまずは返済の計画を立てていきましょう。

例えば、借り入れ金額を完済するためにはどのくらいの期間がかかるか、利息はどの程度つくことになるのか、利息を含めた返済金額は計画通りに完済できる金額であるかなど、返済時のことを予測した上で借り入れ金額を決めるようにしましょう。もしこうした計画を立てずに借りたい放題借りていると、その代償として返済時に大きな負担となって皆さんのところへ戻ってくることになります。

負担とは具体的に言うと利息を含めた返済金額のことです。借りたら借りた分だけ利息は支払うことになりますし、返済期間が長引いた場合も利息は膨らみ、結果的に返済総額は高額となってしまう恐れもあるものです。また金利が高いカードローンの場合も利息が膨らみやすいため注意が必要です。このような負担を増やさないようにするためにも、返済の計画はあらかじめ立てておくようにしてくださいね。

カードローンの「シミュレーション」を活用

ただ、カードローンおN返済計画をまっさらな状態から立てることは少し難しい場合もあるものです。そんな時には「シミュレーション」を活用して、自分に合った計画を立てながらカードローンを利用してみると良いでしょう。カードローンが利用できる金融機関では、カードローンの返済計画を立てる際に役立てることができる「返済シミュレーション」や、審査を受ける前に簡易結果を確認できる「審査シミュレーション」といったサービスを行なっています。

特に返済シミュレーションに関しては、カードローンを利用するごとに行なう必要があるもので、金融機関側も利用者に対してシミュレーションの活用を推奨しています。どんなに少ない金額ですぐに返済可能な場合でも、まずはシミュレーションをして自分の返済状況を客観的に見てみることが大切です。

自分では「絶対に計画的に完済できる!」と考えていても、実際に借りてみると計画的に返済していくことが難しくなってしまった、というケースも少なくありません。こうした思い込みを捨てるためにも、借り入れ前には返済シミュレーションをして確実に完済できる方法を見直してみるようにしましょう。

それぞれ違うカードローン、サービスを比較することのメリット

カードローン選びに迷ってしまったら

現在は非常に様々なタイプのカードローンが利用できるようになりました。カードローンが利用できる金融機関も、銀行や消費者金融など特徴が違っていますし、同じ銀行同士でもそれぞれ違った特徴のカードローンとなっているなど、利用者の皆さんは選び放題とも言っても良いほどたくさんの種類があるものです。

ただ、たくさんあるが故にどのカードローンを選ぶべきか迷ってしまうこともありますよね。銀行のカードローンと消費者金融のカードローンではどちらを選べば良いのか、銀行Aのカードローンと銀行Bのカードローンではどちらがお得か、悩んでしまうことも多いかと思います。そんな時にはぜひそれぞれのカードローンを比較することから始めてみてください。ここからはカードローンの各サービスを比較することのメリットについて見ていくことにしましょう。

カードローンを比較することのメリット

カードローンの比較は主に金利設定の差、審査基準の差、借り入れ限度額の差、借り入れ・返済方法の違い、その他様々なサービス内容から行なっていきます。こうしたカードローンのサービスを比較していくことによって、皆さんが求めているカードローンを探しやすくなるので、比較には自分自身が利用しやすいカードローンを選びやすくするメリットがあると言えます。

例えば、金利設定の差を比較する場合、銀行の金利と消費者金融の金利とでは大きな差が見られるものです。一般的に低金利な銀行のカードローン高金利な消費者金融のカードローンを比較すると、やはり結果としては低金利で借りられた方が良い、という判断になることが多いですが、金利の面だけではなく審査基準の差についても考えてみると、消費者金融のカードローンの方が利用しやすいという結果になることもあるので、一つの面ではなく様々な面から見るカードローンの特徴を幅広く比較してみるようにしましょう。

審査基準の面では銀行のカードローンの方が条件が厳しくなっているため、利用しやすさで見ると消費者金融の方が有利です。しかし、この場合も先ほど挙げた金利や借り入れ限度額など他の面とのバランスをよく見ておくことが大切なので、カードローンが持つ特徴のバランスを全体的に見ていくようにすると良いでしょう。

自分の判断でカードローンを選んでみて

このように様々なカードローンのサービスを比較してみると、どのカードローンが一番お得に利用できるか、どのカードローンが一番利用しやすいか、どのカードローンが一番たくさん借りられるか、といったように利用者である皆さんにとって条件の良いカードローンを探すことができるようになります。比較というのは各サービスを見比べていくことなので、比較なしでは魅力的なカードローンを選ぶことはできません。

また自分にとって良いカードローンは他の人とは違う場合も少なくありませんから、比較は必ず自分自身の判断に任せるようにしましょう。カードローンを利用している人たちの口コミなども参考にしてみても良いですが、やはり自分の状況と他人の状況は異なるものです。職業や収入面も違えば希望している借り入れ金額も違うため、それぞれに合うカードローンも違っているものなのです。

カードローンの種類がたくさんありすぎて迷ってしまう、という皆さんも、理想としている金利や借り入れ限度額などに絞って、いくつかのサービスを比較してみることをおすすめします。サービスの比較は皆さん自身で自分に合ったカードローンを探すことができますので、まずは自分の判断でカードローンを比較しながら選んでみるようにしましょう。

思わぬトラブルが発生する原因にも、カードローンの誤った使い方

カードローンの誤った使い方に注意!

いつでもどこでも利用しやすいカードローンは、何かあった時のために一つ契約しておくと安心です。急な出費にも対応することができますし、場合によっては海外でも利用できるタイプのカードローンもありますから、所有していることで何かの時に役立てることができるのです。

しかし、便利だからと言って使い方を誤ってしまうと、その後思わぬトラブルが発生する原因にもなってしまうので注意が必要です。カードローンの便利さは正しい使い方あってのものですから、誤った方法で使わないよう利用者それぞれが気をつけておかなければなりません。カードローンをどのように使うかは皆さん次第というところもありますから、まずは誤った使い方を知った上で正しい使い方を身につけていくようにしましょう。

借り入れ金額は最低限度に止めて

では、具体的にはどのような方法がカードローンの誤った使い方となってしまうのでしょうか?まずよく見られがちなのが「お金の借り過ぎ」です。皆さんはカードローンを通して必要な金額を借りることができるようになっていますが、必要以上の金額を借りてしまうと後の返済に響いてくるようになります。確実に返済できる金額であれば、カードローンで借りても計画的に完済を目指すことができますし、皆さん自身も金銭面に困ることなく完済できますよね。

カードローンはこのように自分の金銭面に負担をかけないように利用することが理想なので、お金を借り過ぎるようなことになると計画は一気に崩れやすくなり、金銭的にも大きな負担がかかることになってしまうのです。計画を立てずに必要以上の金額を借りることは大変危険な行為ですから、必ず自分の収入など金銭面と相談しながら計画を立て、借り入れ金額は最低限度に止めておくようにしましょう。

利息についても考えておくことが大切

また、お金を借り過ぎると「利息」による負担も多くなるので、利息についてもあらかじめよく考えておくことが大切です。利息は金融機関ごとに決められた金利、皆さんがカードローンで借りた金額、返済するまでの期間によって計算される手数料のようなものです。

カードローンはタダで利用できるサービスではなく、利息という手数料を支払うことで皆さんはお金を借りることができるようになっています。つまり、借り入れ金額の返済だけを考えるのではなく、利息の支払いについても頭に入れておかなければ、返済時により負担が大きくなってしまうのです。

金融機関によってはカードローンの「無利息キャンペーン」として、利息を支払うことなくカードローンが利用できる場合もありますが、基本は利息の支払いが利用者の義務とされています。利息の支払いまで念頭に置いた上でカードローンの利用を決めるようにしましょう。

正しい使い方に欠かせない「シミュレーション」

このようにカードローンの誤った使い方は主に返済時に関わるものとなっていますが、返済時のことは借り入れ前にしっかり考えておくべきことでもあります。そのために金融機関では「シミュレーション」というサービスを行なっており、皆さんが計画的に返済することができるよう、返済額や利息の計算、返済期間の目安などをシミュレーションすることが可能となっています。

特に「返済シミュレーション」については、カードローンでお金を借りるごとに行なう必要がありますので、完済後にカードローンを利用する場合にも、シミュレーションを行なってから借り入れの手続きをしてください。シミュレーションしておくことで大体の返済目安をつけることができますから、カードローンを正しく利用するためにもまずはシミュレーションから試してみてください。

メリットばかりじゃない!カードローンにも少なからずデメリットが

カードローンには少なからずデメリットが

必要な時に必要な金額をすぐに借りられる、カードローンはとても便利でメリットの高い金融サービスです。特に即日借り入れ可能なカードローンや低金利で借りられるカードローンなどは、利用者が求めているメリットの中でも非常に需要があるもので、皆さんにとっても利用しやすいカードローンとなっています。

しかし、カードローンにはメリットばかりがあるわけではありません。メリットの高いカードローンにも少なからずデメリットはあるものですし、そのデメリットについてしっかり理解しておかなければ大変なトラブルを引き起こしてしまう恐れもあるので注意が必要です。カードローンを利用する側だからこと気をつけておくべきことがありますから、ここからはカードローンにはどのようなデメリットがあるのかについて見ていくことにしましょう。

デメリットに飲まれないようにするためには

まず1つ目は「借金をする」ということについて考えてみましょう。カードローンは皆さんが金融機関からお金を借りる、つまり借金をするために利用するサービスなので、カードローンを利用する前には自分自身が借金をするということについて、十分に理解しておく必要があります。

例えばカードローンで1万円を借りた場合は、皆さんが1万円の借金をしているということになります。どんなに少ない金額を借りても借金をしていることに変わりはありませんから、カードローンを利用する=借金をするということを忘れないようにしておきましょう。

そしてカードローンを利用する際には手数料として「利息を支払う」ということも義務とされています。これが2つ目のデメリットです。利息は皆さんが金融機関側に支払う利用手数料で、カードローンを利用する上では欠かせないものとなっているため、あらかじめどのくらい利息がかかるか計算しておくことが重要です。

利息はカードローンの金利が高い場合、カードローンを通して借りているお金が多い場合、返済するまでの期間が長い場合において膨らみやすくなっているので、場合によっては思わぬ金額を支払わなければならないケースも珍しくありません。こうしたデメリットに飲まれてしまわないよう、利息は前もって計算しておき、計画的にカードローンを利用していきましょう。

便利すぎることもカードローンのデメリット

また、カードローンは便利であるが故に、ついついお金を借り過ぎてしまうことも少なくありません。計画的に借り入れ・返済をしていれば問題ありませんが、返済時のことを考えずにお金を借りてしまうと皆さんの返済負担が大きくなり、金融機関とのトラブルが起きてしまう恐れもあるのです。

カードローンは一人一人借り入れ限度額が決められてはいるものの、自分が予想していた以上に限度額が高く設定されることもあります。そのようなことから調子に乗ってたくさん借りてしまうなど、誤った方法でカードローンを利用してしまうことも多く見られています。計画性のないカードローンの利用は大変危険なものですし、後に皆さん自身が困ることになるので、お金の借り過ぎには十分気をつけてください。

このように「便利すぎる」ということもカードローンのデメリットの一つですから、便利なカードローンに甘えることなく自制心を持って利用していくよう一人一人が注意しておきましょう。便利な面はカードローンにとって最大のメリットでもありますが、使い方を誤ると一瞬でデメリットへと変わってしまいます。カードローンのメリットは利用者である皆さんの使い方にかかっているものでもありますので、自分の安全は自分で守るようにカードローンは正しい方法で利用していきましょう。

急ぎの用事には特にメリットがある即日借り入れ可能なカードローン

できるだけ早く借りたい場合は?

できるだけ早く借りたい!と思うのが、カードローン利用者の心理です。カードローンを利用しなければならない状況ですぐに借りられないとなると、カードローンを利用すること自体の意味がなくなってしまいますよね。特に急ぎの用事などでお金が必要となっている場合には、今すぐにでもお金を調達しなければなりません。

そのような時に借り入れまでの時間が長引いてしまうと、カードローンも役に立ちませんし、皆さんも困ってしまいますよね。カードローンは何よりも借り入れまでの早さが大事!と考えている皆さんにとっては、やはりすぐに借りられるサービスが必要ですので、そんな時には即日借り入れが可能なカードローンを利用してみてはいかがでしょうか?

メリットの高いカードローンの即日借り入れ

即日借り入れが可能なカードローンとは、借り入れの申込みから実際にお金を引き出すことができるようになるまでの期間が非常に短く、申込み当日にすぐ借りることができてしまうカードローンのことです。金融機関によっては借り入れの申込み手続きを行なってから、数日経たなければお金を引き出すことができず、皆さんが借り入れ金額を手にするまで時間がかかってしまうことがあります。このような場合は急ぎの用事にも対応することができないため、カードローン利用者にとってはあまり良いサービスとは言えないものですよね。

しかし、即日借り入れが可能なカードローンを利用すれば、申込みをしたその日のうちにお金を調達でき、急な出費にもしっかり対応できるようになっています。今すぐに必要なお金を引き出すことができるようになっているので、カードローンの利用に早さを求めている皆さんは、ぜひ即日借り入れが可能なカードローンを活用してみてください。

即日借り入れが不可能な金融機関も

ただし、全ての金融機関が即日借り入れが可能というわけではありません。即日借り入れが不可能な金融機関もありますし、その他にもすぐにお金を借りられるからこその注意点というものもあります。一般的に銀行などの審査基準が厳しいカードローンの場合は、即日借り入れが難しくなっています。

カードローンの審査基準が厳しいことから、審査結果が出るまでに時間がかかり、すぐにお金を借りることができないケースの方が多いのです。銀行のカードローンは安全性が高いのですが、急ぎでお金を調達したい場合にはあまりおすすめできませんので、銀行系消費者金融や消費者金融のカードローンを利用してみると良いでしょう。

銀行系消費者金融カードローンのメリット

銀行系消費者金融や消費者金融は即日借り入れが可能なケースが多いため、急な出費が重なってもすぐにお金を借りることができるようになっています。特に銀行系消費者金融は金利も低めに設定されていますし、利用しやすいカードローンとしても人気が高くなっています。すぐにお金を借りたい場合は銀行系消費者金融カードローンの利用を考えてみることも一つの手です。

と言うのも、消費者金融は即日借り入れはできても金利が高く、返済時に高い利息を支払わなければならないことが考えられるので、あまり安全性が高いカードローンではないからです。申込み後すぐに借りることができても、高金利なカードローンである場合は返済時に「利息」という大きな負担として皆さんに返ってきてしまいます。カードローンは無利息ではない限り必ず利息を支払わなければなりませんから、借り入れまでの早さを重視している皆さんも金融機関の金利設定にはしっかり目を向けておくようにしましょう。

カードローンの安全性を重視するなら銀行や銀行系消費者金融を

カードローンを安全に利用するためには

カードローンを利用する際には「安全に利用できるか」といったポイントにも目を向けておくことが大切です。近年カードローンは非常に利用しやすくなっていますが、中には金融サービスとして安全性の低いカードローンもあるものです。例えば、金利が高いカードローンの場合は利息の支払い負担も増えてしまい、結果的に皆さん自身が損をすることも考えられるので注意が必要です。

具体的な例を見てみると、思った以上に利息が高くついたことで返済額を支払うことができず、返済を延滞せざるを得なくなったという場合、返済が追いつかなくなり金融機関とトラブルを起こしてしまったという場合などが挙げられます。

こうした返済時のトラブルは皆さん自身のカードローンの利用方法にも問題があるものですが、それ以前に利息の支払いが多くなる傾向の強い高金利のカードローンを利用していることも問題の一つです。利息の支払いに対して不安を感じている皆さんは、金利が低く安全性の高いカードローンを選ぶことが先決ですので、高金利なカードローンには手を出さない方が無難です。

銀行のカードローンは低金利でおすすめ

では、金利が低く安全性の高いカードローンはどのような金融機関で利用できるのでしょうか?まず代表的なのが銀行のカードローンです。銀行では様々な金融サービスが提供されているため、皆さんも銀行でローンを組むなどサービスを利用したことがあるかと思います。カードローンも銀行が提供している金融サービスの一つで、比較的利用しやすいサービスとなっています。銀行のカードローンは基本的に金利が低めに設定されていることから、高い金額を借りた場合も利息が膨らみにくく、返済時に負担になりにくいことが特徴的です。

さらにこうした特徴は銀行系消費者金融のカードローンにも当てはまります。銀行系消費者金融のカードローンは、銀行と消費者金融によって提携して行なわれている金融サービスの一つで、銀行と消費者金融のメリットをどちらも持ち併せていることが最大の特徴となっています。

銀行の要素から見るメリットとしては、先ほども挙げたような低金利でカードローンを利用できる点、安全にカードローンを利用できる点などがあり、銀行とほぼ変わらない金利でカードローンを利用できる銀行系消費者金融も少なくありません。低金利のカードローンを選びたい場合は、銀行か銀行系消費者金融の中からサービスを比較し、自分に合うカードローンを探してみると良いでしょう。

比較的審査に通りやすい銀行系消費者金融

また、銀行系消費者金融は消費者金融の要素も持っているため、銀行と比較すると審査基準が甘いこともメリットの一つとなっています。一般的に銀行の審査基準は厳しく、場合によっては審査に通れないケースもあります。審査に通れないことにはカードローンを利用することができないので、まずは審査に通ることを目的としている皆さんも多いのではないでしょうか?

「審査に通りやすい」という面だけで見ると、消費者金融など審査が甘いカードローンの利用を考えることになりやすいですが、安全性の高さについて注目した場合、消費者金融よりも銀行系消費者金融の方が安全にカードローンを利用できるようになっているため、初めてカードローンを利用する皆さんにとってもおすすめのサービスと言えます。

このように銀行系消費者金融のカードローンは様々な面でメリットが高くなっていますので、カードローン選びに迷っている皆さんは候補の一つとして銀行系消費者金融の利用を考えてみてはいかがでしょうか?

メリットはある?消費者金融のカードローン利用に対する迷い

消費者金融のカードローンにメリットはある?

カードローンを利用できる金融機関には、銀行の他にも消費者金融や銀行系消費者金融があります。現在は数多くの消費者金融がありますし、銀行系消費者金融についてもカードローンの契約者数は増加傾向にあるようです。どちらも「消費者金融」という名称になっていますが、そのサービスの特徴には少々違いが見られています。

特に銀行と提携している銀行系消費者金融の方が、消費者金融よりも安全性が高いとされ、カードローンを利用する場合においても消費者金融よりも安心してお金を借りられる、という特徴が強くあります。こうして見てみると、消費者金融よりも銀行系消費者金融の方が金融サービスとしてメリットが高いと考えられますが、消費者金融にもカードローンを利用する上でのメリットはあるのでしょうか?ここからは消費者金融カードローンのメリットについて見ていきたいと思います。

高金利な特徴を持つ消費者金融

消費者金融の基本的な特徴としては「金利が高く審査基準が甘い」といったポイントが挙げられます。まず金利が高いということで、皆さんが消費者金融からお金を借りた場合はその金利から計算された利息を支払わなければなりません。高金利による借り入れの場合、金利のパーセンテージが高くなることで利息も膨らみやすくなる傾向があるのです。

もちろん、借り入れ金額が多い場合や返済するまでの期間が長くなる場合についても同様に利息は膨らみやすくなっていますが、金利は金融機関ごとに異なっているので、同じ金額を借りた場合として比較してみると、金利が高い金融機関を利用した方が支払う利息も多くなるのです。

消費者金融のカードローンはこのような高金利の特徴を持っていることが一般的であるため、カードローンを利用してお金を借りる際には金利設定に十分な注意が必要となります。金利は変動することもありますが、金利の上限が高いような場合は特に気をつけておきましょう。

消費者金融カードローンの審査基準

こうした金利の特徴からでは、消費者金融カードローンのメリットはあまり高くないように感じますよね。実際に銀行や銀行系消費者金融と比べても金利設定には大きな差があり、消費者金融の方が圧倒的に金利が高くなっています。しかし、消費者金融にも利用者にとってメリットの高いポイントはあるものです。それが「審査基準が甘い」という特徴です。

カードローンの審査は利用する際に必ず受けるべきものとなっていますが、銀行などの審査基準が厳しいカードローンの場合は、なかなか審査に通れず契約することができない、というケースも珍しくありません。つまり、カードローンの利用を認めてもらえないということですので、皆さんはカードローンを通してお金を借りることが不可能な状態となります。

ただ審査基準によっては難なく審査に通ることができ、カードローンの利用を認めてもらえる場合もあります。審査基準が甘い、という特徴にはこのようなメリットがあるため、なかなか審査に通ることができない皆さんにとっては消費者金融のカードローンがおすすめとなっているのです。

とは言え、先に挙げたように消費者金融には高金利である特徴もあります。カードローンの審査に通ることができたとしても、高金利による高い利息を支払わなければならなくなってしまうので、メリットの裏にはデメリットもあることもよく理解した上で利用するようにしましょう。審査に通ることを第一条件として考えている場合には消費者金融のカードローンがおすすめですが、少しでも利息を抑えておきたいという皆さんには、銀行や銀行系消費者金融など低金利で借りられるカードローンをおすすめします。

借金はまとめて返済できる!カードローンを一本化するメリット

複数のカードローンを利用している場合

現在、借金を抱えているという皆さんは多いかと思いますが、中でも複数のカードローンを利用しているなど、いくつもの金融機関から借り入れがあり返済中であるというケースもよく見られています。金融機関一社だけではなく、複数社からの借り入れがあることで、より借金の負担や不安が大きくなっているというケースです。

カードローンはとても便利なサービスですし、利用者にとって大きな助けとなってくれるものでもあります。しかし、それは利用者である皆さんがカードローンを正しく利用していることが条件です。もし誤った方法で利用しているとなると、便利でメリットの高いカードローンも利用者に負担をかけるだけのものとなってしまいます。同じカードローンを利用していても、利用者の使い方によってそのメリットは大きく変化してしまうものなので、まずは皆さん自身が正しい方法でカードローンを利用することに対して注意しておくようにしましょう。

カードローンはなるべく一社にしぼって

そこでまず挙げられるのが、なるべく複数のカードローンを利用しないようにする、ということになります。カードローンは一社だけではなく、複数社で契約して利用することができるようになっていますが、複数社でカードローンを利用しているとその分借金も嵩んでいきますし、借り入れの残額の把握も難しくなることも考えられます。

どのカードローンでいくら借りているか、残額はいくらか、返済期日はいつか、といったように、複数のカードローンを利用する上では利用者である皆さんが把握しておくべき問題も比例して増えていくことになります。複数のカードローンを利用するならば、まずは自分自身でこうした問題をしっかり把握しておくこと、そして収入面とよく相談しながら計画的にカードローンを利用していくことが重要とされています。

これからカードローンの複数利用を考えている皆さんは、自分自身が計画的にカードローンを使っていくことができるのかどうか、冷静に見つめ直してから契約するようにしましょう。無事に契約することができたとしても、カードローンは安易に利用してはならないものです。借金をすることに対する意識を強く持つようにしましょう。

複数の借金をまとめる「一本化」のサービス

これから複数のカードローンを利用しようと考えている皆さんには、以上のような注意点が必要となりますが、では現在既に複数社のカードローンを利用して借り入れがある、という場合はどのように対処していけば良いのでしょうか?既に複数のカードローンを契約してお金を借りてしまっているわけですから、まずは借りたお金をどのように返済していくか、が重要です。

そこでおすすめなのが「カードローンの一本化」です。一本化とは、複数の借金を一つにまとめて返済していくことができるサービスのことで、一つのカードローンで複数の借金をまとめ、そのカードローンを使って完済を目指していくことができるようになっています。つまり、複数社と契約していた場合も一つのカードローンに借り入れ残額をまとめてしまうことで、皆さんの返済先は一社になるというわけです。

こうしたカードローンの一本化には、返済先が一社となることで返済に対して気持ちに余裕ができること、低金利のカードローンで一本化することで利息が膨らみにくくなること、借金をまとめることで返済期日を忘れずに済むことなどのメリットがあります。複数社のカードローンへの返済に困っている皆さんは、カードローンの一本化で返済を少しでも楽にできるようにしてみてはいかがでしょうか?